横山裕【A-Studio】に登場!亡き母への思い、兄弟について語る

2017年1月27日(金)23時~TBSにて

【A-Studio】が放送されました!

今回のゲストは関ジャニ∞の横山裕さん。

グループ活動はもちろん、個人の活動も

たくさんなさっている横山さん!

ジャニーズファンでなくても、

知っている人は多いと思います。

そんな横山さん、テレビで初めて

最愛の母、兄弟について涙ながら話してくれました。

MC:笑福亭鶴瓶

アシスタント:森川葵

ゲスト:横山裕

スポンサードリンク

最愛の母の急死、兄弟について語る【Aスタジオ】

今から7年前の2010年5月。横山さんの最愛の母が亡くなりました。

母子家庭だった横山さんはお母さんの曲を作るなど、

母へも思いが強い印象がありました。

青森で行われたソロコンサートの

開演4時間前に報せを聞きましたが

「お客さんには関係ない事だから」と

コンサートは中止せず、予定通り開催しました。

たまたまこのソロコンサートで

母への曲『オニギシ』を歌っていた横山さん。

さすがに歌えなくなってしまったそうです。

青森でのコンサートだったためその日には大阪に帰れず、

翌日に急遽帰省することとなりました。

その後予定されていたコンサートも中止することなく

全力でやり遂げた横山さん。

関ジャニ∞の8周年記念イベントパンフレット内での

インタビューで当時を振り返り

「人生で一番泣いた。後にも先にもあんな辛いことはない」

と話しています。

また、A-Studio特有の極秘インタビューには6歳下の弟さんが登場。

8歳下にも弟さんがいます。

父親がいなかったため横山さんが父親代わりのような存在で、

すごく仲良しな3兄弟なようです。

お母さんが亡くなった際、

次男さんが一番気丈にふるまっていましたが

一番落ち込んでいたそうです。

涙を一切見せなかった次男さんでしたが、

母の死から1週間ほど経ってからいきなり倒れて病院へ。

母の死の記憶が無くなってしまったそうです。

2年間ぐらい記憶が戻らなかったそうですが、

横山さんと旅行など楽しい思い出を重ねていくたびに

記憶は戻ったようです。

今ではご結婚されて幸せに過ごされています。

8歳下の三男さんは税理士になり東京へ出てきているそうです。

母への曲、オニギシの歌詞はこちら【A-Studio】

そんなぼくもいつしか大人になってたよ

でもお母ちゃんにとってはいつまでも子供なんだね。

小さい時の僕って オニギリ って言葉も

ろくに言えなかったね。

いつもいつも オニギシ って言ってた

女手一つで育ててくれたお母ちゃん

そのせいか僕の幼い頃の夢って

「ボク、お母ちゃんと結婚すんねん!!」

そんな僕もいつしか大人になってたよ。

でもお母ちゃんにとってはいつまでも子供なんだね。

お母ちゃんの生き方「頑張るコト」

僕は頑張るを精一杯ガンバってるよ

あの時のコト覚えてるかな?

僕が友達に裏切られてくやしがってる時。

裏切られた自分を悔やむなら

信じた自分を褒めなさいって言ってくれた言葉。

でもその後友達を怒鳴り散らしたね。

「お母ちゃん。僕は何してあげれた?

優しかった?もっと一緒に笑いたかったな。

でももうそれも遅いんやんな。

お母ちゃんは楽しかったんかな?

やっぱり僕、オニギリじゃなくてオニギシが食べたいねん!」

オニギシが食べたいよ。オニギシしかダメなんだよ。

ちょっとしょっぱいオニギシを作ってよ。

オニギシ食べたいよ。オニギシしかダメなんだよ。

生まれ変わったらまたオニギシを作ってね。

やっぱり。オニギシ。

「オニギシおいしいねん。」

まとめ【aスタジオ】

普段の明るい横山さんとは違う一面が見れたような気がしました。

様々な経験をしてきた横山さんだから今の横山さんがいるんだなと感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。