全国好きなアナウンサー大賞2017結果詳細はこちら!1位は?【番組内容・画像あり】

2017年5月12日(金曜日)

21時~日本テレビにて

【金曜ロードSHOW!全国好きなアナウンサー嫌いなアナウンサー大賞2017】

が放送されました。

全国から総勢50名の個性派女子アナが大集合!

“水卜アナそっくり?ぽっちゃりすぎる女子アナ”

“なぜか鍋が汚すぎる女子アナ”、

“美人すぎる女子アナ”など、

普段ニュースやバラエティで

大活躍のアナウンサー達の知られざる魅力を

徹底取材したVTRで掘り下げました!

果たして、最も愛すべき

女子アナNo.1に選ばれたのは誰なのでしょうか。

気になる結果や番組内容を

こちらでも紹介したいと思います!

MC:くりぃむしちゅー

審査員:アンミカ、いとうあさこ、梅沢富美男

亀梨和也、菊地亜美、小峠英二、滝沢カレン

進行アシスタント:桝太一(日本テレビ)、水卜麻美(日本テレビ)

スポンサードリンク

女子アナウンサーあるある【全国好きなアナウンサー嫌いなアナウンサー大賞2017】

今回、全国から集まった日本テレビ系列の

女子アナウンサー50名に

「アナウンサーあるある」を

聞いていました!

アナウンサーならではのあるある、

いったいどんなものがあったのでしょうか!

番組で紹介された内容から

厳選して紹介します!

アナウンサーあるある一覧

・親族の発音や滑舌が気になる

親族はもちろん、友達や彼氏の

言葉遣いも気になってしまうんだとか。

枡太一アナは自分のお子さんの言葉遣いに

厳しく指導しているようです。

・何でもアナウンス風になってしまう

結婚式の両親への手紙を読むときなど

アナウンサー風になってしまい涙を誘えない

読み方になってしまったりするようです。

・地元の方に認めてもらえない

出身地でない地方局のアナウンサーを

やっていると地元の人に

「ここの地元の人じゃないのに」

と言われてしまうことがあるようです。

・二の腕をぽっちゃりに見せないようにしている

二の腕をぴったり体につけてしまうと

太く見えてしまうので

少し体から離して写真を撮ったりしているそうです。

・衣装を揃えるのが大変

アナウンサーは毎日自分で

衣装を用意しなくてはいけないようで、

衣装提供をお願いしに自ら店舗へ行ったり

古着屋さんで安い物を買ったり

努力が凄かったです。

アナウンサーが選ぶ憧れのアナウンサーベスト5【全国好きなアナウンサー嫌いなアナウンサー大賞2017】

アナウンサーが選ぶ憧れのアナウンサー

ベスト5が発表されました!

一般視聴者の人たちから選ばれるのは

もちろんうれしいことだと思いますが、

同業者の方から選ばれると

アナウンサーとしての

実力を褒められているようで

より嬉しいんではないでしょうか?

では気になるベスト5はこちら!

5位:鈴江奈々(日本テレビ)

ニュースの読み方が的確で素晴らしい。

4位:高島彩(フリー)

美しい。アナウンサーになろうと思った

きっかけの人。

3位:豊田順子(日本テレビ)

とにかくカッコイイ!

2位:藤井貴彦(日本テレビ)

1位:水ト麻美(日本テレビ)

食レポに注目されがちですがナレーションがスゴイ!

好きなアナウンサー大賞グランプリ(1位)に選ばれたのは青森放送、伊東幸子さん!

最後に審査員長の梅沢富美男さんが

50名の中からグランプリを選びました!

見大賞に選ばれたのは

青森テレビの伊東幸子さんでした!

伊東アナは現在36歳。

番組では特技がない事を悩んでしました。

そんな伊東アナは質より量で勝負!

プロフィールの特技の欄には

・ザリガニ釣り(一本釣り)

・お魚をキレイに食べること

・一人でも外食が全然平気

・歯笛

とさまざま!

その中から歯笛を披露していましたが

すごく地味でスタジオ中で笑いが起きていました!

そんな素朴なキャラクターが

好感を持て大賞をなったようでした!

まとめ【金曜ロードSHOW!全国好きなアナウンサー嫌いなアナウンサー大賞2017】

いかがでしたか?

アナウンサーは華のある職業と

思っていましたが、

地方の方々は大変な思いをしているんだなと

とても感じました。

中にはコーナーを全て一人で作っている

アナウンサーさんもいました。

撮影や編集はもちろん、

お店への取材交渉や台本作りなども

一人で行っており、

アナウンサーの仕事以外も

やっておりすごいなと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!