ドロンズ大島ヒッチハイク旅の裏話を告白!【じっくり聞いタロウ】

2017年1月19日(木)24時12分~テレビ東京にて【じっくり聞いタロウ】が放送されています。

電波少年ヒッチハイクでブレイクした元ドロンズの大島さんが今旅の裏話を語る!

そして現在は何をしているのか?

・MC:名倉潤(ネプチューン)、河本準一(次長課長)、牧野結美

・ゲスト:貴闘力、大島直也、AMEMIYA

スポンサードリンク

元ドロンズ大島wiki的プロフィールの紹介

05-11-05_91E5938792BC96E7

引用https://matome.naver.jp

本名:大島直也

生年月日:1971年6月6日(45歳)

出身地:神奈川県横浜市

所属事務所:オフィスオリオン

コンビ名:ドロンズ(2003年に解散)

【じっくり聞いタロウ】番組内容はこちら

90年代に大ヒットした

「進め!電波少年」

有吉弘行さんと森脇和成さんが初めてやった

ヒッチハイク企画が大ヒットし

その第2弾として始まったのが

ドロンズの南北アメリカ大陸縦断ヒッチハイク!

それまた大ヒットし

無名だった2人は瞬く間に大ブレイク!

その旅での裏話で

ピストルで撃たれたことがあるそうです!

ミネソタ州の北の方で

ヒッチハイクをしていたら

赤いダットサントラックが来て

コーラの空き缶を投げてきたが

物を投げられることはよくあったので

気にしないで行こうとしたら

その車が戻ってきて

「うわー!降りてきて殴られる!」と思ったら

殴られるどころか急に銃を出してきて

銃口を向けられた瞬間とっさに

頭を伏せた瞬間に

パンッパンッパンッパンッと4発撃たれたが

当たらなかったので

近くの小屋に逃げたら去っていったそうです!

普通の人じゃ体験出来ないし

したくないですが

あの番組がいかにすごかったかということですね!

そんな命がけの旅をしている時の給料も紹介されました。

その金額は…

まさかの10万円!

しかもいない間の家賃を払ったりすると

帰ってきても20万ぐらいしか貯まってなかったとそうです。

2003年にドロンズが解散して

その後一発逆転を狙って始めたのが…

「ちりとり鍋」

大阪でたまたま見つけた鉄板鍋をアレンジし

恵比寿で店を構えたところ

大繁盛店に!

8月に始めて10月に

「アメトーク」や

「王様のブランチ」で紹介され人気が大爆発!

10坪29席で

MAXで月1200万の売り上げをたたき出したそうです。

しかしこんないい土地になぜ出店できたかというと

結婚していた奥さんが資金をだしてくれたそうです。

現在は離婚してしまっているのですが、

元奥さんは超お金持ちで

家柄は三菱財閥で

三菱を作った岩崎弥太郎さんの妹の系統で

日銀初代総裁の玄孫だったとか!

その他にも

「キリンビール」を作った人や

「旭硝子」の会長や

「鹿島建設」の会長など

とりあえずすごい家柄の人だったとか!

現在はマルチタレントとして活躍されてるみたいです。

まとめ

とてもいろいろな体験、人生を送って来られて

いろんな意味ですごい人だなと感じました!

最後まで読んで頂きありがとうございました。