敷金を取り返せる法律テクニックを紹介【じっくり聞いタロウ】

2017年2月16日(木曜日)

テレビ東京にて24:12~25:00放送の

【じっくり聞いタロウ】

今回のゲストは…

人気法律マンガ「カバチタレ!」の原作者・田島隆!

敷金を取り戻せる!?マル秘法律テクニックを教わる!

MC:名倉潤(ネプチューン)、河本準一(次長課長)、牧野結美

ゲスト:つまみ枝豆、金谷ヒデユキ、田島隆

スポンサードリンク

番組詳細【じっくり聞いタロウ】

行政書士事務所を舞台にし依頼人を救済していく

人気マンガ「カバチタレ!」

2001年にフジテレビで

常磐貴子、深津絵里のW主演でドラマ化された!

そんな大ヒットマンガを手掛けたのが

マンガ原作者にし現役の行政書士

田島隆さん!

行政書士とは…

国家資格の1つで

主な業務は役所に提出する書類や契約書を代理で作成したり

弁護はできないが法律相談に乗ったりする

法律のプロフェッショナル!

今回は、

「あなたの身にも起きる!?賃貸トラブル解決方法を暴露」

賃貸トラブルその1、急な家賃の値上げ!【じっくり聞いタロウ】

(例)大家が突如家賃を「5万円から7万円に家賃を値上げする」と言われ

「支払えないなら出て行け!」と言われた時の対処法!

まず大家さんが無茶苦茶で、

大家さんが家賃を上げることは本来できないのだとか!

それは、月いくらと契約しているので

借り主側が納得していないのに

勝手に一方的に上げるのは契約違反なので言われた時は法律を使い対処しましょう!

けど、唯一許されるのは周りの不動産の家賃がすごく上がった場合は

言われてもしょうがないが、それ以外は基本言えないのだとか!

それでもなにか言われた際は、

まず、法務局という役所に行って

今まで通りの家賃を納めれば(これを供託という)

法務局が大家さんに通知し

借り主側はそれで家賃を払ったことになるので

「家賃を払えないなら出て行け」とか言われても大丈夫だとか!

それさえしておけば、たとえ裁判を起こしても大家さんが負けるそうです!

他にも契約書に「突然家賃を上げることがあります」と書いてあっても

同じ事で、

公序良俗という考え方があって

社会常識で考えて大家さんの都合が良すぎるので

消費者契約法という法律があり

大家さんにとってあまりにも都合のいい契約は条項は無効という法律!

なので、

大家さんの都合で「突然家賃を上げることがあります」と書いてあったとしても

無効になるそうです!

賃貸トラブルその2、敷金の精算【じっくり聞いタロウ】

これから引っ越しを考えている方は

敷金で泣きを見ないためのマル秘情報を紹介します!

まず敷金とは…自分が所有する不動産を人に貸すための担保。

なので、不動産を傷めたりして修理代金が発生してなければ

返すものじゃないのに

大家さんが因縁をつけてきてそれを修繕するためにお金が帰って来なかったり

さらに取られるケースもあるが、

それは違います!

例えば普通に生活をしていれば画鋲の跡だったり

畳のすり減りなどは当たり前なので

裁判側はこちらの味方で(基本)

それを通常損耗といい

その範疇であれば

「大家さんは家賃をもらって利益を稼いでるんだからそこから出せよ」と

裁判所が言ってくれるとか!

なので、最悪少訴訟という1日裁判があるので

それを持ち出せば敷金は返ってくるんだそうです!

一応契約の内容など自分の過ちは(飲み物、食べ物など)異なりますが、

経年変化による劣化は大家さんの負担になるので大丈夫だそうです!

これを観て引っ越しの際や家賃トラブルの際はこのような処置をしてみて下さい!

まとめ

国土交通省のホームページで現状回復をめぐる

トラブルとガイドラインを公表しています!

金額に納得できない方は

少額訴訟を起こして

金額交渉する方法もありますので

気になる方は試してみて下さい!

最後まで読んで頂きありがとうございました!