ソレダメ!カレーの格上げワザや作り方詳細はこちら!(番組内容・画像あり)

2017年8月2日(水曜日)

18時55分~テレビ東京にて

【ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?】

が放送されました!

今夜は目から鱗!

名店が教えるソレマル極上カレーが紹介されました!

ビーフカレーには○○をまるごと入れる!?

家のカレーが簡単に美味しくなる格上げワザを、

大人気のカレーの名店が伝授してくれました!

また、カレーのシミのお悩みも解消法も!

気になるカレーの作り方やシミの落とし方など

番組内容をこちらでも紹介していきます!

MC:若林正恭(オードリー)、高橋真麻

レギュラー:春日俊彰(オードリー)

ゲスト:アグネス・チャン、ギャル曽根、

小籔千豊、増田貴久(NEWS) 

スポンサードリンク

ビーフカレーの甘さ引き立つ極上な作り方詳細はこちら!【ソレダメ!】

普段家でビーフカレーを作るとき、

甘さを引き立てるには

「玉ねぎを飴色に炒める」ということをしますよね!

しかしそれはソレダメ!

神保町にあるGAVIAL(ガヴィアル)をいう

カレー店を代表する師店のシェフが

家庭でも作れる極上ビーフカレーの作り方を

伝授してくれました!

甘さが引き立つ絶品カレーの作り方はこちら!

GAVIALのビーフカレーの作り方

【材料】

なんと材料はこれだけ!

今回は市販のルーを使用して作っていました!

【作り方】

玉ねぎが3分の2程度浸かる水でまるごと鍋に入れ30分煮る

(これが格上げワザ!極上の甘さを引き出す方法です。)

・30分経ったら玉ねぎを取り出し乱切りにする

・角切り肉と乱切りにした玉ねぎを玉ねぎの出汁で煮る

・そこへルーを入れ混ぜ合わせたら完成!

玉ねぎは硫化アリルという辛み成分があります。

硫化アリルは熱を加えると甘み成分に変わるため

玉ねぎは火を入れると甘くなるんだそうです。

普段私たちが行っている「飴色まで炒める」方法だと、

先に玉ねぎを切ってしまうため

切った断面から硫化アリルが飛んでしまうので

玉ねぎの甘さを最大限活用できていなかったことになります!

なのでまるごと煮るのがソレマルなんです!

シーフードカレー!魚介の旨味倍増な作り方詳細はこちら!【ソレダメ!】

なかなか家庭でシーフードカレーを

作る機会が無いという方必見!

簡単で美味しいシーフードカレーの

作り方を逗子にある人気店

「match point」の店長が

教えてくれました!

女性にオススメです!

match pointのシーフードカレーの作り方

【材料】

【作り方】

・野菜を炒めルウを溶かす

・解凍したシーフードを炒めルウを混ぜ合わせる

・イカの塩辛を入れたら完成!

シーフードミックスだけだと

魚介の旨味が少し足りないそう。

そこへイカの塩辛を入れることで

コクが出て魚介の風味もアップするんだとか!

イカの塩辛はイカを発酵させて作っているので

魚介の旨味が凝縮しているんだそうです!

カツカレーに相性抜群のルウの作り方詳細はこちら!【ソレダメ!】

カツカレーにはどんなルウでも

合うと思っていましたがそうではありませんでした!

カツカレーに合うルウの作り方を

町田にある「アサノ」の

ご主人が教えてくれました!

アサノのカツカレーの作り方

【材料】

【作り方】

・玉ねぎを飴色になるまで炒める

・野菜、豚肉、玉ねぎを合わせて炒める

・パックに書かれている適量よりも少し多めに水を入れ沸騰させる

・濃縮二倍のめんつゆを150㏄入れ固形ルウを溶かして完成!

めんつゆを入れることで

しょうゆのコクと昆布やカツオの

旨味成分が入りカツに合うルウが出来上がるんだそうです!

中華カレーの時短なのに深いコクが出る作り方詳細はこちら!【ソレダメ!】

中華カレーとはもともと

まかないで作られていたものなんだとか。

時間をかけて煮込むイメージがある中華カレーですが、

今回は中華街にある人気店

「保昌」のオーナーシェフが

時短で作れる中華カレーの作り方を

教えてくれました!

保昌の中華カレーの作り方

【材料】

・玉ねぎ

・肉

・カレールウ

・甘酒

【作り方】

・玉ねぎを薄切りにしさっと炒める

・筋を切り酒につけた角切り肉を炒め火を通しルウを溶かす

・甘酒を入れルウと馴染めば完成!

まとめ【ソレダメ!・カレー】

いかがでしたか?

どのカレーも普段作る作り方に

ちょっとした工夫やひと手間を加えるだけだったので

簡単でマネしやすかったと思います!

まだまだこれから暑い時期は続き

食欲がなくなりがちになると思うので

美味しいカレーを作り体力をつけてみては

いかがでしょうか!

最後まで読んでいただきありがとうございました!