【スマステ】ドラえもん映画感動作5つを紹介!1000人が選んだ絶対に泣ける作品とは?

2017年3月4日(土曜日)

テレビ朝日にて23:15~24:09放送の

【スマステ】

今回のスマステは…

歴代58作の「ドラえもん映画」から

20代~60代の1000人が選んだ

「絶対に泣ける感動作」が大発表されました!

親子の愛情、仲間との友情、

ドラえもんとのび太の固い絆など

泣けるものばかりのドラえもん映画。

選ばれた映画はどの映画だったのでしょうか。

結果詳細を紹介したいと思います!

MC:香取慎吾、大下容子(テレビ朝日アナウンサー)

ゲスト:織田信成

スポンサードリンク

スマステで紹介されたドラえもん映画感動作5つはこちら!

幼少期にドラえもんを見て

育った方は多いのではないでしょうか。

またドラえもんが欲しいと思っていた

人は多いと思います!

私ものび太が羨ましかったです!

普段の放送では面白い印象しかない

ドラえもんですが、映画になると

一味違うドラえもんになりますよね!

感動の嵐が起きるドラえもん映画。

そんなドラえもん映画の傑作5つを紹介します!

まず一つ目は

「おばあちゃんの思い出」(2000年)

時間を超えてのび太と

おばあちゃんの夢が叶う感動映画。

ある日のび太は自分が大切にしてきた

クマのぬいぐるみが捨てられているのを見つけます。

ある思い出が詰まったぬいぐるみ。

それはおばあちゃんとの思い出です。

すでに亡くなってしまっていた

おばあちゃんのなりたかったものが気になり

のび太はタイムマシーンで

おばあちゃんと暮らしていた時代に

行く事にしました。

のび太の小学生姿を見たかった

おばあちゃんの夢を叶え、

おばあちゃんの思いと

のび太の思いとに感動する作品です。

続いてはこちら!

「STAND BY ME」(2014年)

多くの女性の胸を打った

しずかちゃんのパパの言葉!

こちらの作品は「ドラ泣き」という

キャッチフレーズで

とにかく泣けると大ヒットを記録した

3D CG映画です。

その中でも特に泣けるエピソードは

1999年に短編映画として公開された

「のび太の結婚前夜」

のび太の結婚前夜を描いたこちらの映画

のび太と結婚するのはしずかちゃんなのですが

しずかちゃんとしずかちゃんのパパの

最後の夜のシーンが感動的なのです。

続いてはこちら。

「帰っていたドラえもん」(1998年)

ドラえもんが未来へ

帰らなくてはいけないという内容の映画。

のび太はドラえもんが安心して

帰れるようにとジャイアントの喧嘩にも

自分一人で戦います。

やられてもやられても

立ち上がるのび太にジャイアンは

降参します。

そんな姿を見たドラえもんは安心して

未来へ帰ってきました。

しかしドラえもんが最後に

残していってくれた道具により

ドラえもんと再会できることに。

2回も泣けるシーンがあり感動作となりました。

続いてはこちら。

「新・のび太の日本誕生」(2016年)

最近公開されたこちらの作品。

お母さんになった

のび太の成長物語です。

子供たちとの別れのシーンに

感動が止まりません。

最後はこちら!

「新のび太の大魔境」(2014年)

ジャイアンの男気に感動!

セリフがないのに泣けるという

心に直接響く熱き友情の物語です!

以上の5つの作品が

1000人が選んだ感動傑作でした。

まとめ【ドラえもん映画絶対に泣ける感動作】

いかがでしたか?

見たことのある映画はありましたか?

最新作は見れていませんが、

昔からある作品は何度見ても

感動してしまいます。

映画の時はみんないい子になりますよね(笑)

子供の時も大人になっても

心に響くドラえもん映画。

これからも幅広い世代に愛されていくと思います。

5つの作品、見たことのないものがありましたら

ぜひ見てみて下さい!

最後まで読んで頂きありがとうございました。