最強スポーツ男子頂上決戦順位結果2016!優勝者は佐野岳!

2016年10月10日19時~【最強スポーツ男子頂上決戦2016】が放送されます!

毎回すさまじい男の戦いが見れ迫力がありますが、今回は誰が優勝したのでしょうか!

2016年スポーツ男子頂上決戦の出場者や過去の成績とともに2016年の優勝者を紹介します!

スポンサードリンク

2016年スポーツ男子頂上決戦出場者と過去の成績

ogp

引用:http://www.tbs.co.jp/spodan/

佐野岳(24歳)

身長:170cm

体重:55kg

・過去の主な成績

第1回大会 総合優勝、マウンテンフラッグ優勝、ショットガンタッチ優勝

第2回大会 総合3位、マウンテンフラッグ優勝、ザ・フェンス優勝

第3回大会 総合2位、マウンテンフラッグ優勝、ザ・フェンス優勝、モンスターボックス1位

第4回大会 総合5位、ザ・フェンス優勝、モンスターボックス1位

第5回大会 総合優勝、ザ・フェンス優勝、モンスターボックス1位、ハードジャンパー1位

佐野岳さんは体格が他の選手より小さめなのでパワー力系の競技は成績があまり伸びませんが瞬発力や持久力が優れているのでその力を使う競技は強いです!

過去2回の優勝もしており今回勝てば連覇になるので気合十分なのではないでしょうか!

森渉(33歳)

身長:172cm

体重:62kg

・過去の主な成績

第1回大会 総合4位、モンスターボックス1位

第2回大会 総合優勝、モンスターボックス1位

第3回大会 総合7位、モンスターボックス1位

第4回大会 総合2位、モンスターボックス2位、ハードジャンパー2位

第5回大会 総合4位、モンスターボックス1位

佐野岳さんと同じく全大会に出場している森渉さん。

優勝は1回しかないですが、モンスターボックスは常に上位と好成績です。

若い出場者が多い中、ベテランの意地を見せれるのでしょうか。優勝への思いは人一倍強そうなので頑張って欲しいです!

池谷直樹(42歳)

身長:168cm

体重:58kg

・過去の主な成績

第3回大会 総合8位、モンスターボックス1位

第4回大会 総合8位、モンスターボックス2位

第5回大会 総合3位、モンスターボックス1位、ザ・フェンス2位

今大会の最年長です。総合成績はあまり伸びませんが、モンスターボックスと言ったらこの方でしょう。

23段という世界タイ記録を持っており、スポーツ男子頂上決戦でもモンスターボックスでは常に上位です。

しかし今回23段に挑戦する新たな男が現れます。それは池谷直樹さんなのでしょうか。

呂敏ロビン(26歳)

身長:182cm

体重:68kg

・過去の主な成績

第3回大会 総合3位、マウンテンフラッグ2位、ハードアンカー2位、ショットガンタッチ最長記録(12M70)

第4回大会 総合5位、パワーウォール3位

第5回大会 総合8位

身長があり甘いマスクからは想像できないような筋肉質な体の持ち主です。

パワーがあるのでパワー力競技で好成績を出してくれるのではないでしょうか。

横浜流星(20歳)

身長:174cm

体重:60kg

・過去の主な成績

第4回大会 総合11位、ハードジャンパー3位

第5回大会 総合11位

今大会最年少の横浜流星さん。今回は新メンバーが多くスポーツ男子頂上決戦を経験している人が少ないので、経験者である横浜流星さんは有利なのではないでしょうか!

若き力を存分に出してほしいです!

鈴木貴之(26歳)

身長:188cm

体重:80kg

・過去の主な成績

第3回大会 総合5位、パワーウォール2位、ハードアンカー5位

最近俳優としてさらに活躍している鈴木貴之さん。スポーツ男子頂上決戦は3大会ぶりの2回目の挑戦です!

パワー競技が得意な鈴木貴之さんですが、今回はどんな力を見せてくれるのでしょうか!

井上正大(27歳)

身長:182cm

体重:67kg

・過去の主な成績

第5回大会 総合9位、ザ・フェンス6位

仮面ライダー出身のイケメン俳優。前大会からの挑戦で瞬発力のある方です。

今回は2回目の挑戦なので全大会よりは余裕をもって競技に挑めるのではないでしょうか。

瞬発力が重要な新競技もあるので頑張って欲しいです!

平田雄也(23歳)

身長:180cm

体重:65kg

・過去の主な成績

第5回大会 総合5位

今回2回目の挑戦です。前回は強敵がたくさんいた中、初挑戦で総合5位と好成績を残しています!力をつけ進化した平田雄也さんが見れるのではないでしょうか。期待しています!

また新たなスポーツ男子が下の8名参戦します!

小嵐健太(30歳)

身長:177cm、体重:79kg

田村侑久(25歳)

身長:176cm、体重:63kg

大倉士門(23歳)

身長:175cm、体重:62kg

山岸将也(23歳)

身長:182cm、体重:73kg

野村祐希(22歳)

身長:191cm、体重:79kg

平野泰新(21歳)

身長:173cm、体重:60kg

コージ・サイカワ(21歳)

身長:175cm、体重:59kg

神田穣(21歳)

身長:176cm、体重:70kg

この中に最強スポーツ男子頂上決戦の歴史を塗り替える強者はいるのでしょうか!

スポンサードリンク

スポーツ男子頂上決戦種目別順位2016

・モンスターボックス

1位:平野泰新(22段)

2位:佐野岳(20段)

3位:森渉(19段)

3位:池谷直樹(19段)

・ヘビープレス(重さ160kgを支え続ける種目)

1位:野村祐希

2位:コージ・サイカワ

3位:小嵐健太

・ジャイアントクリフ(新種目)

1位:山岸将也

2位:佐野岳

3位:平野泰新

・ハードジャンパー

1位:佐野岳(152回)

2位:森渉(151回)

3位:横浜流星(115回)

・パワーウォール

1位:野村祐希

2位:森渉

3位:山岸将也

3位:横浜流星

スポーツ男子頂上決戦総合順位2016

☆総合優勝:佐野岳

2位:野村祐希

3位:森渉

4位:平野泰新(320pt)

5位:横浜流星(315pt)

6位:山岸将也(310pt)

7位:コージ・サイカワ(305pt)

8位:池谷直樹(290pt)

まとめ【最強スポーツ男子頂上決戦2016】

優勝は佐野岳さんでした!

3度目の優勝!

念願の連覇おめでとうございます!

また今回でレジェンドだった池谷直樹さんが引退されました。

モンスターボックス23段という記録保持者で、その記録はいまだに誰も飛べていません。

これからもこの記録を超える者はなかなか出ないでしょう。

初出場の1995年放送「スポーツマンNo,1決定戦」から21年間お疲れ様でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました。